日記のように、毎日の書き込みは出来ないと思いますが、出来るだけこまめに記録するつもりで続けていきます。

2005年07月24日

地震。帰宅まで5時間

23日16:35頃、関東地方に大きな地震どんっ(衝撃)がありました。みなさんは、いかがでしたか?
私は、出張先から東京に戻る途中の新幹線新幹線車中でした。もうすぐ多摩川に差し掛かるところで、某社?玉川事業場ルネッサンスタワーの横のカーブの途中で、いきなり停電、失速、停車でした。
現場では、約10分で電気がつき、エアコンも入りましたが、都合25分間、現場に停車していました。運転再開後は、結構のスピードで、こんなに飛ばして良いの?ってくらい、早く東京駅に着きました。しかし、山手線、京浜東北線始め、在来線の復旧の目処は立たず、皇居方面に出て、千代田線に乗ろうと大手町駅に移動しました。丸の内口の都バスバス乗り場には結構人が並んでいました。
駅構内で聞こえてくる耳アナウンスは、「全駅、全線路を保線員が点検中です。」と途中状況が伝わらない内容で、情報をほしがっている利用者には、全く役に立たないアナウンスの繰り返しでした。
都営地下鉄も、東京メトロ各線も止まっていましたが、都営三田線、浅草線が復旧、メトロも日比谷線、銀座線が電車復旧です。大手町駅に繋がる通路の階段で、某科目のレポートAをこなしながら、ラジオゲームの情報を聞いていましたが、このまま迂回して帰ろうと、三田線、日比谷線経由、東武線で、埼玉の東外れに少しでも近づこうと行動を起こしました。
販売中止だった切符の自動販売機の前には長蛇の列。そこで、売店でパスネットを買って改札を抜けるもホームが狭く、ここでも待ち行列です。
何とか乗った車内は満員で、列車間隔も詰まっていて、のろのろ運転でした。東武線直通の乗り入れだったのですが、北千住でいきなり、当駅止まりに変更で、準急で新越谷へ。
ここには自宅から車車(RV)で迎えに来てもらった頃、ようやく地元のJRも動き出しました。満月結構月が大きく見えました。
あちこち、歩き回り、地震発生後5時間で自宅につきました。ふらふら
自宅付近は、震度5弱で、結構揺れたらしく、電子レンジの上に置いた箱が落ちたそうです。
バッド(下向き矢印)
posted by Non at 11:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

earthquake level M7 
Excerpt: 昨日の地震は大きかった。千葉に住む友人から、午後7時頃に電話があった。ある駅で足止めを食らい、今日中に家にたどり着けるか心配だ、近くのホテルに泊まることも考えたが、手持ちの金は少なく、すでに銀行は閉ま..
Weblog: 『寸胴鍋の秘密』
Tracked: 2005-07-24 12:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。